社員インタビューInterview

商品部精肉部門 / 課長/藤本 隆

1995年9月 中途入社

藤本 隆

商品部精肉部門 / 課長

「楽しく厳しく」をモットーに仕事をしています。

前職では約10年間、別のスーパーで精肉担当者として勤務をしていました。そこで精肉に関する仕事を覚えましたが、会社が廃業することになったんです。

そんなとき、当社に先に入社していた前職の同僚に声をかけてもらったことが、アカシヤに入社したきっかけです。

入社して思った事は、当社には中途採用で入社する方が多いため、ハンデが全くないということ!
そして、仕事の進め方や売場作りなど、自由にさせてもらえるということですね。

もちろん本部機能はあるので、ルールは絶対に守らないといけませんが、その中である程度自分のやりたいようにできる自由があります。

「楽しく厳しく」をモットーに仕事をしています!
牛は一頭買い!手に職のつく仕事です。

牛は一頭買い!手に職のつく仕事です。

精肉部門の仕事は、牛肉、鶏肉、豚肉などの肉の加工、パック詰め、シール貼り、売場への品出し、清掃消毒など、さまざまです。

チーフになると、大手メーカーなどの仕入れ先から、消費期限や賞味期限、適正な在庫になるかどうかなどに気をつけながら、仕入れの仕事も行います。

取り扱うのは牛肉、鶏、豚がメイン。スライサーや包丁を使って商品に加工していきます。

一般的なスーパーは、牛肉はブロックで仕入れますが、当社では牛を一頭買いしています。
精肉担当者は牛一頭をさばける技術が身につくため、手に職をつけることができますよ。

生産者様から直接仕入れをするから、「おいしい」お肉を提供できる。

当社は、精肉の売上構成比率が高く、肉の売れるスーパーです。

この規模のスーパーとしては珍しく、おいしいお肉を求め、自分たちで産地を訪ね歩きながら契約しています。

例えば、宮崎の「宮崎牛」、佐賀県の「ありたどり」、沖縄の「アグ―豚」などは、実際に現地を訪問し、全店で取り入れるようになりました。

生産者が見えることは、会員様にとって、安心・安全につながります。
また、他のスーパーには無い商品を取り扱っていることにも評価をいただき、よく売れています!

産地を訪れて生産者様と直接話すことは、楽しいし勉強になりますね。
この仕事は、生産者様とのつながりが面白い仕事ですから、新しく入社した方にもその面白さに触れて欲しいと思います。

3代目である現社長が、2019年に会社のコーポレートスローガン『すべては会員様の「おいしい」のために』を作ってくれました。

コーポレートスローガンを実現できるよう、もっとおいしいものを探して会員様に提供できるようにがんばります。

そのためには常にアンテナを立てながら業者さんの話を聞いたり、ネットや新聞を見たりして、勉強していきたいと思っています!
コーポレートスローガンのおかげで、みんなが同じ方向に向かえるようになりました。

コーポレートスローガンのおかげで、みんなが同じ方向に向かえるようになりました。

精肉部門の人は、みんな会社が大好きな人たちばかりです。

8時間勤務すれば、残業はせずに帰れますし、早く出社した場合はその分早く帰れます。
働きやすい環境もあってか、ここ数年は誰も辞める人がおらず、離職率は0%!

仲良く言いたいことを言い合いながら仕事のできる環境です。

コーポレートスローガンによって働くテーマができたため、みんなで同じ方向に向かうことができますし、他のスーパ―との差別化もできるようになりました。

これからも会員様に他のスーパーよりも当社を選んでもらえるように、コーポレートスローガンに沿ってがんばっていきたいと思います。

まずは会って話しましょう!ご応募お待ちしています。

この仕事に向いているのは、やる気のある方だと思います。
手に職をつけたい方やガッツのある方も良いのではないでしょうか。

未経験の方も大歓迎です!
私自身も前職でこの仕事をはじめたときは、包丁を持ったことのないまま始めましたから、安心してくださいね。

女性もがんばっている職場ですので、男女も問いません!

応募を考えている方に伝えたいことは、「とりあえず会ってみよう」ということです。
小さいスーパーのため応募を躊躇することがあるかもしれませんが、社員の人柄についても、会社についても、まずは会ってみないと分からないですよね。

精肉部門の場合、面接は私が行います。面接では緊張することもあると思いますが、まずは一回会って話しましょう。

ご応募、お待ちしています!

SNSでシェア

生産管理・品質管理(小売り)に関連する求人票を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加